Axis Power Mastery Method (アクシスパワーマスタリーメソッド)| Axis Power Mastery Method

トレーナー、アスリートの皆様へ


アクシスメソッドは、その場で筋肉の機能を引き出し、中心軸を作り出して、身体能力を高める、これまでになかったメソッドになります。
すでに、多くのトレーナーや、アスリート、武道家、パフォーマーなどがこのメソッドを受け、自分の身体能力の変化に驚きの声を上げています。


飛距離が10ヤード以上伸びたので、驚きました。
常にコンディション管理をしているプロで、これほど飛距離が伸びるのですから、素人が受けたら20ヤード以上、伸びるかもしれませんね。
ー プロゴルファー ー


その場で選手のフォームが変わりました。
私も学生のころから陸上をやっていますが、中心軸を作るのに普通、5年、10年とかかるのをよく分かっています。このメソッドは陸上界に革命を起こすかもしれません。
ー 高校陸上部監督 ー


キックのスピード、破壊力が格段に上がりました。
体幹トレーニングを積極的にしているのですが、初めて中心から動いている感覚がつかめた気がします。
打撃を受けた時も、体がぶれることが無くなり、とても動きやすくなっています。凄いです。
ー 空手道場経営者 ー


メソッドを受けると、その場で、これまで上手くできなかった動きがスムースにできるようになったので驚きました。力が入りづらかったところにしっかり力が入るようになった感じです。
ー ストリートダンサー ー


足が動かしやすくなり、ボールのコントロールがしやすくなりました。
軸足もしっかり安定しているし、かなりいい感じです。次の試合が楽しみになりました。
ー サッカー選手 ー


選手のパンチ力が、ミットを持つ手が痛くなったほど上がりました。
パンチ力は教えても身につくものでないので、不思議に思っています。
ステップも早くなって動きもよくなっています。このメソッド、何なのでしょうか?
ー ボクシングトレーナー ー


ここに紹介しているのは、驚きや感動の声のほんの一部です。 動画を見て興味を持ったけど、「本当なんだろうか?」と悩んでいるなら、まずは、体験セミナーでその効果を実際に自分の体で感じてみてください。 スポーツに真剣に取り組んでいる人ほど、体の感覚が敏感なので、アクシスメソッドの効果を強く実感していただけることでしょう。


メッセージ


□アクシスメソッドはスポーツの理想を実現する!?


スポーツの世界では、よく「練習は嘘をつかない」といいますが、実際には、同じ指導を受け、同じように練習をしても、どんどん上手くなる選手と、そうでない選手がいます。

どんどん上手くなる人は動きのコツを掴むのが上手く、そうでない人は、動きのコツを掴むのが上手くない。そのため、同じ練習をしても、実力に差がついてくるのです。

動きのコツを掴むのが上手い人に共通しているのが、「そもそも体の使い方が上手い」ということです。
このタイプの人は、自然とより多くの筋肉をうまく連動させて動くことができている。だから、動きがスムースで、複雑な動きも人よりも簡単にできるようになるのです。

逆に、動きのコツを掴むのが下手な人は、同じ動きをするのでも、少数の筋肉で動いていたり、うまく連動ができていない。だから、動きがぎこちなく、なかなか上達しないのです。

問題は、多くの筋肉を上手に連動させて動かすことを、コーチやトレーナーは教えることができないということ。選手に理想的なフォームを教えることはできますが、その動きを、どれだけの筋肉をどのように連動させて再現するのかは、選手の感覚や、それまでの体の使い方の癖に任せられているのです。

メッセージ

体を動かす骨格筋だけでも400個もあり、それらが複雑に連携しながら動くのですから、どの瞬間にどの筋肉を使い、どの筋肉とどの筋肉を連動させればいいのかを教えることは、誰にも不可能なのです。

アクシスメソッドの優れた点は、神経ブロックを外すことで、筋肉をスムースに連動して動くようにすることができること。
あるダンスの先生は、これまで何度、理想的なフォームを何度教えても上手くできなかった人が、アクシスを受けると、その動きができるようになったと驚いていました。

トレーナーやコーチの方は、アクシスメソッドを取り入れることで、感性や体の使い方のくせに関係なく、良い選手を育てることができる可能性が広がりますし、選手の皆様は、スポーツにおける理想である「練習は嘘をつかない」を実現できるのです。

ここでお話をしたことが嘘でないことは、体験セミナーに参加していただければ体感していただけると思います。
是非、ワクワクしながら、期待を膨らませてご参加くださいませ。

セミナーに戻る


セミナー告知
アカデミー案内
トレーナー一覧
テスト動画

ロゴマーク