Axis Power Mastery Method (アクシスパワーマスタリーメソッド)| Axis Power Mastery Method

What’s Axis Method? ~よくあるご質問~

 Q:中心軸とは何ですか?


A : 中心軸は、骨や筋肉のように解剖学的に存在するものではありませんが、各種スポーツ、武道や格闘技、ダンスなど、身体を使う様々な分野で非常に重要とされてきたもので、身体軸、正中線、センターなど、様々な呼び方をされています。 中心軸を解説している人の多くは、それを「感覚(の流れ)」だと言っています。 体全体が、その中心の軸から動く。そして、体の中心(胴体)から、手足へと、中心を軸にして全身を動かしている感覚を持っている人を、中心軸ができているというのです。

私達も基本的には同じように考えていますが、解剖学的に言うなら、中心軸を、骨とそれを取り巻く筋肉に繋がる神経(および、神経の流れ)だと捉えています。 一流のアスリートたちは、アウターマッスルで動くのではなく、中心にある軸を意識しながら、基本フォームや、それぞれの競技における特定の動きを繰り返し行っていくことで、骨とそれを取り巻く筋肉に神経を張り巡らせ、中心軸を自分のものにしているからです。

中心軸を、地球の中心に引っ張られる引力に沿って、体内を縦に走る見えないライン。
つまり、頭から胴体、足までを貫いている軸であると解説しているところもありますが、私たちの臨床では、椀部にも中心軸があることが分かっており、そういった意味でも、中心軸は骨格に沿ってあるものだと認識をしています。

Q:中心軸から動くと、どうなるの?


A : 中心軸ができると、文字通り、動きにブレがなくなります。そのため、動きに無駄がなく、力の滞りもなくなるのです。 それに、軸ができると自然と、筋肉から余計な力を抜くことができるようになります。 いわゆる武道の世界などで言われる「脱力した状態」になることができるのです。

脱力した状態とは、「力が抜けた状態」ではなく、「力を抜いた状態」のこと。 「力が抜けた状態」になると、気や意識も抜けてしまうので、筋肉は十分な動きができなくなります。
一方、「力を抜いた状態」にすると、余計な力みや緊張が無いので、筋肉には滞りなく滑らかに動き、必要なインパクトの瞬間などに最大限の瞬発力を発揮するのです。もちろん、余計な力がかからないので、関節部分の動きもよくなります。

身体や運動能力の良し悪しは、中心軸ができているかどうかで決まり、一流のアスリートたちは、例外なく中心軸を持っています。 この中心軸を作るために、これまでアスリートたちは、中心軸という見えないラインを意識的に想像力で自分の中に作り上げていくという作業を、長い時間をかけて行ってきたのですが、アクシスメソッドを使うと、それを瞬時に手に入れることができるのです。

Q:体幹と中心軸は、どう違うのですか?


A : 体幹とは、体の幹の部分ですから、正式には、背骨とそれを取り巻く深層筋肉(インナーマッスル、コアマッスルとも呼ばれる)のことを言います。 これに対して中心軸は、文字通り、人体の動きの中心となる軸であり、解剖学的に存在する軸ではなく、意識によって作り上げられる軸です。

日本では、スポーツトレーナーなどにより、インナーマッスルやコアマッスルを鍛えることで、力が発揮できるようになったり、持久力が上がる、体型が変わるといったことが盛んに宣伝されていますが、インナーマッスルだけを鍛えても、そういった効果が無いことは、すでに世界のスポーツ業界の常識となっています。(興味がある方はネットでも様々な情報を得ることができますので調べてみてください)

そもそも、インナーマッスルのワークアウトが作られたのは、1980年代後期のアメリカでした。この当時、ある科学者が、スポーツ選手の怪我が多いのは、アウターマッスル(表層筋)に比べ、インナーマッスルが少ないせいではないかという説を唱え、インナーマッスルのワークアウトが作られたのです。 しかし、後追い調査の結果、インナーマッスルを鍛えても怪我がへらいないことが証明されました。 そして、適切なアウターマッスルのトレーニングをしていれば、自然とそれと連動するインナーマッスルが鍛えられることも分かったのです。 実際、サッカーのクリスチャン・ロナウド氏なども、運動能力を高めるにはアウターマッスルのトレーニングだけで充分だといったことを述べています。

体幹のインナーマッスルは、頭部や椀部、脚部の力を連動させるまさに幹となるものなので、例えば、脚部の力がうまく椀部に伝えられていないといった状態になっている方は、体幹トレーニングをすることで運動能力は上がりますが、体幹トレーニングだけを行っても、残念ながら運動能力が高まることは無いのです。 つまり、体幹は全身の運動能力を高めるのに必要な要素のひとつではあるのですが、全部ではないのです。

Q:中心軸が整うと、他のトレーニングは必要なくなりますか?


A : アクシスメソッドを受けて、身体能力や運動能力が高まるのは、中心軸から動けるようになることで、筋肉が本来もっている力を発揮できるようになるからであって、けして筋肉量自体が増えるわけではありません。 ですから、強くなるためには、各競技をするために必要な筋肉のトレーニングや、その他の練習も必要になります。

ただ、これまで一流のアスリートたちは、長い時間をかけて、意識をしながら軸を作っていくという作業をしてきましたが、アクシスメソッドを使えば、まず軸を作ってから、それを意識しながらトレーニングや練習をするということができるようになります。 そうすることで、短い時間で一流のアスリートと同じような動きを自分のものにすることができるようになります。

Q:どのような競技に有効なのでしょうか?


A : ゴルフのような「静」の競技でも、サッカーや格闘技などの「動」の競技でも、中心軸ができている人が高い身体能力を発揮しています。 ですから、どの競技にもアクシスメソッドは有効だといえます。

今後、HP上にて、様々な分野のスポーツ選手に、メソッドを行った動画をアップしていく予定ですのでお楽しみに。

Q:治療とは、どのように違うのですか?


A : 治療とは、問題を抱えた状態を解決するためのもので、一方、アクシスメソッドは、身体能力や運動能力を高めるためのものという点が異なります。
例えば、治療で、腰痛で悩んでいる人の痛みや不快感を解消し、普段の生活ができるようにしたり、スポーツをすることができるようにすることはできますが、治療をすることで、腰の運動能力を高めることはできないのです。

つまり、治療とは、マイナスからゼロに持っていくことはできても、ゼロからプラスに持っていくことはできません。風邪薬を飲めば熱は下がりますが、薬を飲んでも強い体になることはできないのです。 アクシスメソッドは、ゼロからプラスへと、その人の身体能力を高めるものですから、根本的に異なるのです。

Q:メソッドを受けることで副作用とか弊害は無いのですか?


A : アクシスメソッドは、ニューロンブロックを外すことで、体の中心から深層筋、表層筋へと神経を張り巡らせ、中心軸を作っていくメソッドになります。 このように表現をすると特別なもののように感じるかもしれませんが、骨格から、深層筋、表層筋が連動してスムースに動くのは、人間の本来の動きであり、その本来どおりの動きをしたときに最大限の力を発揮するのが、人間の体なのです。

アクシスメソッドは、体になんからの付加をかけて無理やりに能力を引き出すものではなく、体本来持つ動きを取り戻させるメソッドなので、一切の副作用的なものや弊害はありません。

Q:何処に行けばアクシスメソッドを受けられるのですか?


A : 現在、Axis Power Mastery Method協会のマスタートレーナーの元で、アクシスメソッドを受けることができます。 ただし、新しく開発されたメソッドなので、まだまだマスタートレーナーの数は少ないというのが、正直な現状です。
マスタートレーナーの中には、柔道整復師や鍼灸師などの国家資格を有している人間もいますので、「新しいメソッドである」という点に不安をもたれる方などは、そういったトレーナーを選ばれるといいかもしれません。

お問合せフォームから、ご住所などをお送りいただければ、お近くのマスタートレーナーをご照会いたします。

Q:他の治療との併用も可能でしょうか?


A : アクシスメソッドは、動きの中心となる中心軸を整えていくので、現在、何らかの治療を受けられている方は、その治療効果を高まる、もしくは、治療効果の持続に効果的だと考えられます。

例えば、慢性的な腰痛野の治療を受けている場合、中心軸が整えられると、身体的な動きが変わるので、腰にかかる負担が軽減され、治療効果が高まる、もしくは、治療効果が持続されるわけです。
そういった意味で、他の治療との併用においても、アクシスメソッドは、有効だと考えています。

Qメソッドの持続時間はどれくらいですか?


A : アクシスメソッドの持続時間は、基本メソッドで一週間。
その上で持続のためのメソッドを受けていただくと、約一ヶ月ほど持続することが臨床で分かっています。

メッセージ

セミナー告知
アカデミー案内
トレーナー一覧

Axis Method サポーター募集

人体の持つ能力を引き出すアクシスメソッドのサポーターを募集しています。
アクシスメソッドは、現在、各地にいる認定マスタートレーナーたちによって、様々な臨床が行われ、どんどんブラッシュアップされています。
サポーターの皆様には、そういった臨床の中で新たに発見されたメソッドや、その実験動画、様々な競技における結果など、アクシスメソッドに関する情報をメールマガジンでお伝えしていきます。(発行は不定期になります)

是非、サポーターになり、アクシスメソッドの最新情報を手に入れてください。





都 道 府 県





ロゴマーク